弱虫ペダル3期|動画配信無料で全話フル視聴できる公式配信サイトを紹介【TVアニメ】

TVアニメ
©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、アニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION(ニュージェネレーション)3期』の見逃し配信動画を安心快適に無料で全話フル視聴できるサイトをご紹介いたします。

『弱虫ペダル3期』の見逃し配信動画を無料で全話フル視聴するには?

©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

結論からお話しすると、『弱虫ペダル3期』の見逃し配信動画は、U-NEXTなら追加料金なしで無料で全話フル視聴することができます。

U-NEXTは初回登録するだけで、31日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、600円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

過去にU-NEXTを登録したことがある方はdアニメストアがおすすめ!

\31日間無料お試し/

※無料期間中に解約すれば0円。

U-NEXTの概要と特徴

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 190,000本以上の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額2,189円(税込)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は19万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

出典:U-NEXT公式ブログ

出典:U-NEXT公式ブログ

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

U-NEXTは、4つのジャンルで1位を獲ってるんだよ!

他社よりもたくさんの作品が楽しめるってことだね!

『弱虫ペダル3期』を見終わった後でも、数多くの作品が視聴可能ですので、気になっていた作品やもう一度見たかった作品を、ぜひこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか。

家族みんなで動画や漫画をシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを持つことができるので、家族みんなで楽しむことができます。

お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、それぞれ独立したアカウントで自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画や漫画などをお得にシェアすることができます。

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるから、安心だよ。

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホやタブレットにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学の移動中、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、データ量を心配することなく、待ち時間やスキマ時間を有意義に使うことができます!

動画のデータ量って結構気になるから、これは嬉しいね!

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『弱虫ペダル3期』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS △/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。

U-NEXT以外ならdアニメストアがおすすめ!

dアニメストアでは、初回登録で31日間の無料お試し期間が設けられていて、無料期間中は4,000作品以上のアニメが見放題なので、追加料金なしで思いっきりアニメを楽しむことができます。

dアニメストアは、アニメに特化したサービスのため、アニメ作品数の多さや新作の先行配信はもちろんのこと、月額料金がたったの440円(税込)という安さが魅力的!

観たいアニメが無料期間中にすべて見られなくても、お財布にやさしい価格なので、あまり負担にならずにサービスを継続利用することができます。

無料期間後も継続してアニメを楽しみたい方には、ぜひともオススメしたいサービスです。

\31日間無料お試し/

※無料期間中に解約すれば0円。

『弱虫ペダル3期』の作品紹介

熱き戦いは、新たな世代へ…。大人気の自転車ロードレースアニメ第3弾!

見どころ

大人気自転車アニメ第3期。インターハイの激闘後、「チーム2人」こと手嶋&青八木にスポットが当たることに。一方、ライバル箱学でも宮野真守演じる葦木場が登場!

ストーリー

熱い夏が終わり、総北高校自転車競技部の金城・巻島・田所は引退を控えていた。インターハイで活躍した1年の小野田・今泉・鳴子、2年生の新主将・手嶋と副主将・青八木らはインターハイ連覇に向けて動き出す。しかしライバル箱学の新世代もまた強敵で…。

キャスト

小野田坂道:山下大輝

今泉俊輔:鳥海浩輔

鳴子章吉:福島潤

手嶋純太:岸尾だいすけ

青八木一:松岡禎丞

杉元照文:宮田幸季

寒咲幹:諏訪彩花

寒咲通司:諏訪部順一

橘綾:潘めぐみ

金城真護:安元洋貴

スタッフ

監督:鍋島修

原作:渡辺航

アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

キャラクターデザイン:番由紀子

音楽:沢田完

『弱虫ペダル3期』と併せて観たい作品紹介

U-NEXTでは、『弱虫ペダル3期』関連作品も数多く配信されています。

弱虫ペダルシリーズ作品

山下大輝声優作品

鳥海浩輔声優作品

  • 美少女戦士セーラームーンCrystal
  • ハヤテのごとく!
  • 君と僕。
  • 抱かれたい男1位に脅されています。

まだまだ紹介しきれないくらいたくさん配信されているから、気になる作品があれば、U-NEXT公式サイトで確認してみてね!

『弱虫ペダル3期』のあらすじ

全国大会<インターハイ>において、チーム全員の力で王者・箱根学園ら強豪たちを破り、みごと総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部。熱い夏が終わり、金城、巻島、田所の3年生が引退を控え、1年生ながらインターハイで活躍した小野田坂道、今泉俊輔、鳴子章吉と、新主将の2年生・手嶋純太と副主将の青八木一らは“新チーム”として、インターハイ連覇をめざして始動する。王座奪還を目指し新たなメンバーを加えこちらも新チームとして動き出すライバルの箱根学園。怪物レーサー・御堂筋翔率いる京都伏見高校。全国の強豪たちもインターハイの頂点を目指して走りを磨く。新たな仲間、新たなライバル、そして新たな戦い…。男たちの熱きドラマが幕を開ける!

第1話「最後の峰ヶ山」

インターハイでの激闘を終えた総北高校自転車競技部。1年の小野田坂道は、同級生の今泉や鳴子と共に、ニューバイクに乗り換え、3年生が抜ける新生チームとしての新たな闘いに向けて走りだしていた。

第2話「巻島が残したもの」

巻島が卒業を待たずして渡英したショックから抜け出せず、一人調子が上がらない坂道は練習でも空回り。一方、箱根学園も新キャプテンに泉田が任命され、新生チームが始動。その中には新たなメンバーの姿が…。

第3話「手嶋、魂の走り」

秋の峰ヶ山ヒルクライムに出場する総北高校の坂道、今泉、手嶋。一方、箱根学園は2年生の葦木場拓斗を送り込んできた。メトロノームダンシングで他を圧倒する葦木場に対し、新キャプテン・手嶋は魂の走りで挑む。

第4話「峰ヶ山で一番速い男」

箱根学園の次期エース・葦木場に魂の走りで挑む手嶋の姿を見た坂道は、自らを奮い立たせて葦木場に迫る。一方、湾岸クリテリウムでは鳴子と青八木がエーススプリンターの座を賭けて勝負を繰り広げていた。

第5話「自転車異種格闘技場」

3年生が抜けてチーム全体のレベルが下がることを懸念していた今泉は、鳴子にオールラウンダーになれと言い放つ。反発しつつも、先輩の抜けた穴の大きさを痛感していた鳴子は、ある決意を胸に地元大阪に向かう。

第6話「鳴子vs御堂筋」

総北を強くする答えを求め、地元・大阪で草トラックレースに参加する鳴子。スピード自慢のスプリンターたちを蹴散らし、強くなっていることを実感する鳴子だったが、そこに京都伏見高校のエース・御堂筋翔が現れる。

第7話「最後の走行会」

箱根学園伝統の3年生追い出しファンライド。120㎞にも及ぶファンライドは、スタート早々福富たち3年vs泉田たち後輩の本気レースに。3年間を称え合う福富たちに対し、新キャプテン・泉田は全力で勝負する。

第8話「ゴールライン」

箱根学園恒例の3年生追い出しファンライドが始まった。福富たち先輩に「今から超えます!」と宣言した泉田は、成長した姿を見せ付ける。その後、コースは山岳区間へと突入。東堂と真波のクライム勝負が始まる。

第9話「新生総北、始動!」

2年に進級した坂道、今泉、鳴子。インターハイ優勝の自転車競技部には多くの新入生が入部し、手嶋たちも手応えを感じていた。そんな中、先輩になり戸惑う坂道の前に、中学から活躍していた2人の後輩が現れる。

第10話「杉元兄弟の絆」

総北高校恒例の1年生ウェルカムレースが始まった。その中には、ひそかに練習を重ねレギュラーの座を狙う杉元の姿が。そんな杉本を、中学時代から社会人チームで走っていた経験のある1年の鏑木と段竹が猛追する。

第11話「決着」

混戦となった1年生ウェルカムレース。ワンツーフィニッシュを決めたらインハイメンバーになれる鏑木と段竹は、抜群のコンビネーションで杉元を追い上げる。一方、杉元も定時とのシンクロ走法で粘りの走りを見せる。

第12話「トラブル!」

新体制となった総北は、インターハイ出場を懸けた千葉県予選大会に出場。高校でのデビュー戦となる鏑木は、自分がエースとして走ると意気込むが、段竹と離れ1人で走るプレッシャーから腹痛に襲われてしまう。

第13話「1000㎞再び」

インターハイに一歩駒を進めた総北は地獄の1000km合宿へ突入。4日間で1000km走破という過酷なメニューに、鏑木たちは戸惑いを隠せない。一方、車酔いで参加が遅れていた坂道の前に、ある男が現れる。

第14話「凡人と天才」

手嶋と古賀による、インターハイのメンバー入りを賭けた勝負が始まった。力強い走りで手嶋を次第に追い込んでいく古賀。彼にはある過去があった。一方、手嶋も必死の走りで古賀に食らいついていく。

第15話「古賀のゴール」

インターハイメンバーの座を賭けた手嶋と古賀の勝負は、手嶋に軍配が上がった。勝負を終え、吹っ切れた古賀は熱い意志を6人に託す。過酷な練習が続く中、総北の合宿所に意外な2人が姿を見せる。

第16話「2度目のインターハイ」

いよいよインターハイ当日。連覇を目指す総北、王座奪還を狙う箱根学園、御堂筋率いる京都伏見と強豪が集う。そんな中、緊張からトイレへ駆け込んだ鏑木は、そこで箱根学園の銅橋正清と遭遇する。

第17話「スタート!!!」

インターハイ栃木県大会が開幕。スタート直前、京都伏見の御堂筋は急遽メンバーを変更し、1年生でマッサージャーをしている岸神小鞠をチームに加える。その岸神は総北の今泉俊輔の前に突然現れ…。

第18話「ふくらむ青八木」

インターハイ栃木県大会がスタート。まず各チームが狙うのはスプリンターたちによるファーストリザルト。箱根学園からは怪道・銅橋が、総北からは青八木と鏑木が参戦。青八木は必殺の酸素音速肉弾丸を繰り出し…。

第19話「怪道銅橋」

ファーストリザルトを狙って各校のエーススプリンターが疾走する中、総北は青八木と鏑木が先頭を猛追。そこで待っていた怪道・銅橋。青八木・鏑木のコンビに対し、銅橋は自らの感情をむき出しにして立ちふさがる。

第20話「鏑木、全開!」

銅橋が背後に迫る中、青八木は新たな必殺技「筋力弾丸バンビスタイル」で対抗し、全開のスプリントでリザルトラインを目指す。力を解放した銅橋も追いすがり、青八木と肉薄。そして、その背後には鏑木の姿が…。

第21話「箱根学園、動く!」

ファーストリザルトは箱根学園の銅橋に軍配が上がった。いよいよ動きだした最強チーム・箱根学園は、泉田を中心に後続を一気に引き離そうとする。必死に付いていく総北に対し、箱根学園はある作戦を仕掛ける。

第22話「ゼッケン1のプレッシャー」

インターハイ1日目。集団に飲まれ、チームから離れてしまった坂道は他チームからの徹底マークで身動きが取れない。一方、先頭集団は山岳ステージへと突入。箱根学園の真波に対し、総北は手嶋が勝負に挑む。

第23話「坂道、追撃」

集団に抑えられ、最後尾に沈んだ坂道だったが、手嶋とチームを助けるため、大好きなアニソン「ヒメのくるくる片想い」を歌いながらぐんぐん加速する。しかし、そこに御堂筋の京都伏見が立ちふさがる。

第24話「雑草の走り」

インターハイ栃木県大会は山岳ステージに突入。山岳賞を狙う真波を追って、いろは坂を必死に登る手嶋。執念の走りで食らいつく手嶋の熱い姿に応えるかのように、真波は自分の力を発揮して全開で加速する。

第25話「空を仰ぐ」

山岳賞のリザルトラインまであとわずかという状況を迎えた。全開の真波と限界の手嶋が争う中、真波にトラブルが発生する。一方、手嶋は全力でペダルを回し、千載一遇のチャンスをものにしようとするが…。

『弱虫ペダル3期』の感想

30代女性
30代女性

3年生が引退し、新たなチーム編成を迫られる総北。プレッシャーと戦い個々の成長を遂げていく新2~3年生に、1年生が新たな風を吹き込む第3期。この作品の魅力は支えあい、競い合って成長していく姿、それから危険と隣り合わせのスリリングなレース描写です。今期は心身ともに支えとなっていた3年生の引退が下級生に大きな試練を与え、各々がチームのために少しずつ強くなっていくスポーツ物ならではの展開。30代の私は母のような気持ちで見てしまうことも…。中でも主将に選ばれた手嶋の揺れる心情が共感性が高く胸を打ちます。後半ではゼッケン1の坂道が他校に抑えられ、手嶋が山岳争いをすることに。天才ではない、凡人だと自覚する努力の主将の渾身のレースは見物です。気づけば息を止めてじっと見入ってしまうクライマックスが見逃せません!

30代男性
30代男性

小野田坂道ら1年生は進級して2年生となり、そして新入生が加わって新生・総北高校自転車競技部が始動します。新しい期待と興奮に包まれるなかで、果たして新チームは大丈夫なのか?という不安を抱えながら、彼らの成長を追いかける楽しみを感じました。そして夏になるとインターハイが始まり、昨年の雪辱を晴らすべく気合いに満ちているのが箱根学園のメンバーたち。そこにダークホース的存在である京都伏見の面々も加わり、より濃いキャラクターが揃ったという印象を受けずにはいられません。そして肝心のレースは、相変わらず各々が熱い想いを抱えながら前を進んでいきます。絶対にゴールは譲れない、王者としてのプライドや勝利至上主義など、様々な思惑が入り乱れながら進行していくため、熱いレースは相変わらずまばたきすら許してくれません。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!