笑ってはいけないシリーズ|無料で動画配信フル視聴できる公式サイトを紹介【バラエティ】

テレビ番組
© HJ Holdings, Inc.

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、日本テレビ系お笑い番組「ガキの使いやあらへんで」の大晦日恒例の年越し特番『笑ってはいけないシリーズ』のフル動画・見逃し配信動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『笑ってはいけないシリーズ』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『笑ってはいけないシリーズ』の動画は、動画配信サービスでの配信はなく、DVDレンタルのTSUTAYA TV/DISCASなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

Huluでは2020年12月1より期間限定で過去作を一挙配信中!

\2週間無料お試し/

※無料期間中に解約すれば0円。

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

『TSUTAYA TV/DISCAS』とは、ネットで動画視聴ができる「TSUTAYA TV」とDVDの宅配レンタルができる「TSUTAYA DISCAS」の複合サービスのことです。

TSUTAYA TV/DISCASさえあれば、外出先でもスマホやノートPCで動画を楽しむこともできるし、自宅でゆっくりDVD動画を楽しむこともできます。

ジブリ作品や著作権などの諸事情により動画配信されていない作品でも、旧作DVDなら無料でレンタルすることもできます!

しかも、DVDレンタルは、わざわざ借りるために外出しなくても、自宅まで届けてくれるのでとても便利です。

初回登録に限り30日間の無料お試し期間(+1,100円分のポイントプレゼント)が設けられているので、初めての方も安心。

無料お試し期間中でも、有料会員とほぼ同じサービスを利用できます。(新作DVDの宅配レンタルのみ有料会員限定)

無料お試し期間中に解約すれば、一切お金をかけずに動画を楽しむことができます!

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,659円(税込)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよ。

送料無料も嬉しいね。

旧作DVDはすべて無料で借り放題!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

※無料お試し期間中、8枚目までなら準新作も借りることが可能です!(新作は有料会員のみ)

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

旧作でも、動画配信サービスでは有料だったり、そもそも配信されていない作品も多いから、そういう作品はDVDをレンタルしちゃうのが一番だよ。

ジブリもディズニーもジャニーズも。見たい作品がどんどん見つかるね!

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『笑ってはいけないシリーズ』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 期間限定 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS ー/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。

TSUTAYA TV/DISCAS以外ならHuluがおすすめ!

Huluでは2020年12月1日より期間限定で「絶対に笑ってはいけない」シリーズ18作を一挙配信中です!

Huluでは、初回登録で2週間の無料お試し期間が設けられていて、無料期間中は70,000本以上の動画が見放題で、追加料金なしで思いっきり楽しむことができます。

DVDレンタルではなく、スマホやタブレットなどで気軽に動画配信を楽しみたい方はぜひHuluもご検討ください。

\2週間無料お試し/

※無料期間中に解約すれば0円。

『笑ってはいけないシリーズ』を無料動画共有サイトで検索

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

YouTube bilibili Dailymotion

『笑ってはいけないシリーズ』の番組紹介

テーマに合わせたシチュエーションで昼夜に渡る収録を行うが、収録中に参加者は何があっても絶対に「笑ってはいけない」。もしも笑ってしまった場合は、その場で罰を受ける。笑ったら罰を受けるというアイデアは、松本が発案したものである。また、ダウンタウン元マネージャーの藤原寛が進行役として参加者に同行し、メンバーに対して上から目線かつタメ口で喋る。

レギュラー出演者

ダウンタウン(松本人志・浜田雅功)

月亭方正

ココリコ(遠藤章造・田中直樹)

過去の放送日とシリーズ

放送日 シリーズ
2006/12/31 絶対に笑ってはいけない警察24時
2007/12/31 絶対に笑ってはいけない病院24時
2008/12/31 絶対に笑ってはいけない新聞社24時
2009/12/31 絶対に笑ってはいけないホテルマン24時
2010/12/31 絶対に笑ってはいけないスパイ24時
2011/12/31 絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時
2012/12/31 絶対に笑ってはいけない熱血教師24時
2013/12/31 絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時
2014/12/31 絶対に笑ってはいけない大脱獄24時
2015/12/31 絶対に笑ってはいけない名探偵24時
2016/12/31 絶対に笑ってはいけない科学博士24時
2017/12/31 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!
2018/12/31 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!
2019/12/31 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!

『笑ってはいけないシリーズ』の感想

40代男性
40代男性

笑ってはいけないシリーズは毎年楽しんで見ています。まずあのレギュラーメンバーの5人に見ていて安心感がありこの5人ではないとこのシリーズは楽しめないような気がしてます。笑ってはいけない状況でたくさんの仕掛けがありそこで5人が協力したり足の引っ張り合いをしたりの掛け合いが絶妙に面白いからまずこの5人がいてこその笑ってはいけないシリーズだと思います。笑いの仕掛けもたくさんあるのですが個人的にとても好きなところは5人のやりとりで笑ってしまうシーンが1番好きです。自分から相手を笑わそうとして自爆したり2、3人で誰か1人を笑わせにいったりとスタッフが予期してないところでの笑いが大好きです。特に松ちゃんが誰かを笑わせようと仕掛けて自爆してしまうところは毎年笑ってしまいます。あと引き出しネタも定番で面白いと思います。田中タイキックや月亭方正が理不尽な扱いをされてしまうのはわかっていても笑ってしまいます。大物俳優さんや文化人が出てきて笑わせてくるのも好きですが昔のようにお笑い芸人が笑わせに来てくれると個人的には嬉しいです。ここでしか見られない芸人とダウンタウンとの絡みもお笑い好きにはたまらないです。芸人とダウンタウンの化学反応で予想より大きな笑いになるのが楽しみです。毎年の楽しみになった笑ってはいけないシリーズは6時間こえる放送時間ですがそんなことが気をならないほどあっという間に過ぎてしまいます。これからも年末はこの番組で一年を締めくくっていくと思います。

50代男性
50代男性

私は1990年代は基本的には親と生活していた流れから、紅白歌合戦を一緒にみるのが通常の大みそかの過ごし方でした。しかし1998年に結婚して子供ができてからは、ガキ使や格闘技系を見るようになりました。多分ガキ使を定期的にみるようになったのは子供たちが大きなって番組を理解できるようになってからかもしれません。子供と一緒に笑っていると1年間の疲れが吹き飛ぶような気がしてみんなで大声で笑っています。今でも思えているのはET?宇宙人がでている回で「ほうせい is my friend」といっていてほうせいがお約束のビンタを受けるところです。また田中のお約束のタイキックも面白いです。まもる君を購入したにもかかわらず、小さくて役に立たなかったところは皆で大爆笑でした。このシリーズもだいぶ長くやってきているでマンネリ化してきていますが、まだまだポイントでは大変面白いです。ポイントだけでなくいろいろ伏線がが張り巡らされたほうせいのビンタのシリーズなどもうまく作りこんであるので大変放送作家の方のすばらしさを感じています。だんだん有名人を参加させることで視聴率を稼いでいるような感じがぬぐえませんが、できるだけ息の長い年末のお笑い番組として君臨し続けていただきたいと思っています。

30代女性
30代女性

笑ってはいけないは、いろんな人、まさか、この人がって人が出てくるから、その意外性がおもしろいです。そして、意外な人がコメディアン、コメディエンヌの才能を開花させてて、それがいいです。また、例えば、天海祐希さんは、他のドラマのキャラそのままで出てたりしてそれもまたいいです。あと、ダウンタウンさん他3人が、思ったよりもゲラでよく笑うし、互いに笑わせ合いとかしてて、なんか仲よさげなところがいいです。また、いろいろと定番の流れもあって、またこれかと思いつつもその流れを待っている自分がいます。例えば、何か山ちゃんに似た赤ちゃんとかミイラとか出てきたら、これはビンタに繋がるのかなと思うし、田中がタイキックされないと、いつされるんだろうと待ってしまいます。あと、昼食時に食べ物川柳や替え歌をするのも主流になっており、みんなあんまりうまくできないところがおもしろいです。無茶苦茶になってるのにおもしろいのはやはり才能でしょうか。そのあとのツッコミがうまいからでしょうか。昔は寝かせないとかもあり、それはそれでおもしろかったですが、今の企画満載の笑ってはいけないの方が個人的には好きです。毎年、今年の年末は何を舞台にするんだろうと楽しみにしてます。

20代男性
20代男性

ガキ使の魅力はなんと言ってもダウンタウン、ココリコ、方正の個性がそれぞれ出ている何気ない一言や行動の面白さが一番だと私は思っています。昔から数多くの企画を見ておりますが一つも同じ内容や同じ設定がなく、いつでも新鮮な笑いを見せてくれます。松本のボケ、それに光る浜田のツッコミや、ココリコの独特の空気感の後に来る爆笑、方正の真っ正面からぶつかっていく純粋なお笑い、これらの歯車が良くも悪くも噛み合っていなく誰でも笑える雰囲気がまた次もみたいと思える理由です。通常の企画も面白いですが、なんと言っても年末に放送される笑ってはいけない24時はガキ使の大好評企画と言えます。毎年年末に笑ってはいけない24時を楽しみにしている方は多くいると思います。それぞれの年で活躍したその年の顔ともいえる豪華キャストの考えられないような役や、毎年恒例で常に笑えるものを見せてくれるキャストなどスペシャルにふさわしい放送内容を元に、年々変わる新人研修先ならではの仕掛け、万人が笑えるだろう構成を作るスタッフ陣、全てのものが重なり合った笑いを見せてくれるガキ使は素晴らしい番組だといつも思っています。笑ってはいけない24時はガキ使を知らない方でも見やすくおすすめしたい作品です。

30代男性
30代男性

元々はレギュラー放送で五人が対決して負けた人が罰ゲームになるという企画でしたが、ある時から五人全体が何のゲームもせずに笑っては行けないに参加するというノリが始まりました。毎回のテーマがありますが、衣装の段階で山ちゃんか浜田さんが仕掛けている衣装が多いですが、やはり浜田さんが一番面白くなります。浜田さんのおかっぱは何回見ても面白いです。毎回豪華ゲスト、俳優や大物が普通なら絶対しないコスプレやネタをして笑わせてくれますが、毎回各方面から、ブレイクした芸人のネタをアレンジするのは凄いなと思います。ある意味そのネタで来年ブレイクする人もいます。そして必ず笑わしてくれるのが、五人の待機部屋の引き出しネタです。毎年色んな策をスタッフが練り込んでいるがよく分かります。どこで入手したか分からないものから、シンプルな仕掛けで笑い、おそらくこの引き出しネタで(田中、タイキック!)が生まれたと思います。オンエア中何回もお尻を叩かれますが、多分タイキックの一撃が一番きついと思います。これを受けるのが流石芸人さんだと思います。あと欠かせないのは山ちゃんに対する蝶野さんのビンタも最高に面白いです。毎回手がこんで最終的に山ちゃんが何もしていないのにビンタされるのがこの番組名物になっていると思います。大変な仕事だと思いますが、年末のガキ使は本当に楽しみです

20代男性
20代男性

「ガキの使いやあらへんで」の『笑ってはいけない』シリーズは2003年から毎年放送されている人気企画です。かくいう私も一番最初の温泉から毎年観ているほど、この番組のファンです。元々は、罰ゲームとして通常の放送回で行っていたものですが、回を重ねるごとに現在のように五人体制となり、大晦日に放送されるようになりました。この番組は何といっても、『笑ってはいけない』という本来のバラエティ番組におけるスタンスと真逆の方向に向かっているので、緊張感なども相まって、他の番組には見られない面白さがこの番組にはあると思います。また、この番組の見どころはいくつかありますが、まずは豪華な出演者が上げられると思います。というのも、普段はバラエティに出演することのないような俳優やアスリートが体を張って五人を笑わせるというところが見所だと感じます。また、個人的には待機室でのダウンタウンら五人による掛け合いが一番好きなポイントです。もちろん、先ほど挙げた豪華出演者や色んな企画も面白いポイントではありますが、やはり彼らのトーク力や企画力はそれだけでも番組が成立すると感じるほどです。最後になりますが、この番組は例年、決まった流れはあるものの毎年少しずつ新しい要素を付け加えていくので、毎年飽きずに観ることができます。なので、ダウンタウンら五人は番組中によく「今年で辞めたい」などのネガティブなコメントを口にしますが、個人的にはなるべく長く大晦日の定番となったこの番組を見続けていきたいと思います。

40代男性
40代男性

毎年の大みそかの楽しみはガキの使いを見ることであるといったぐらい、今年も楽しみにしています。昔から好きだったのですが、ここ最近はバスの中での仕掛けや引き出しを開けると何かがあるといったことや、運動場でのゲームや蝶野正洋のビンタといった大体の流れは同じように思います。繰り返すことによりそれらの企画には安定した面白さがあると思います。特に私が好きなのは引き出しを開けると色々な仕掛けがあるコーナーによくでてくるジミー大西です。その中でも特に好きだったのがジミー大西が無茶苦茶な英語をいうといった場面で腹を抱えて笑うぐらい面白かったです。かつては笑福亭笑瓶の写真が面白かったのですが、それは最近ないのでまた復活してほしいと思っています。また毎年行われているココリコの田中に対するタイキックですが、昨年はわざと痛がっているのではないかといった疑惑もあがっていましたがそのやられっぷりが毎年面白くて好きです。また俳優たちが芸人に扮してその芸をやるのも大好きで、一番笑ったのが原田龍二がアキラ100%とコラボした回でした。2人の呼吸がぴったりで、芸としてのクオリティーがめちゃくちゃ高くて面白かったです。また、西岡徳馬の乳首ドリルや斎藤工のサンシャイン池崎もおもしろく、毎年毎回、誰が出てくるのか楽しみです。

20代女性
20代女性

この企画にはまってからかれこれ10年以上たちました。個人的には初めて見た笑ってはいけない病院でみなさんが看護師の役をしているのがすごくおもしろかったです。最初の方で軽快な走りからの落ち葉のところで落とし穴にはまってしまう遠藤さんの映像は何年たっても頭の片隅に残っているくらい好きなシーンです。アキタカくんという手術を目の前にして有名な歌手さん達がWe are the Worldを合唱するのも忘れもしないです。ちょっと濱田さんだけ服装が違うかったり髪型が違うかったりするのも魅力だなと思いますし、そういう点では浜田さんは他の方よりも恵まれているよなと思います。何年のものか忘れてしまったのですが大和田伸也さんが出演されたときにバスで騒ぐ高校生に注意する男性の役だったのですが、高校生から逃げる時にバスから降りるときに足をくじいてしまったところは何度見ても笑ってしまいますし、今でも友達とあのシーンおもしろかったよねって話しています。エンディングソングを歌っている方が毎回豪華だし、出てくるゲストのみなさんも有名な方ばかりでいろんなところで楽しませてもらっている番組です。年末年始の楽しみの一つになっています。

40代女性
40代女性

毎年年末に近づくと、今年もガキの使いの季節がやってきたなーって。もはや紅白歌合戦と同じようにこの番組を見なければ年が越せないような国民的な番組になっていると思います。この番組の魅力は、この一年を沸かせた人など思いもよらない人が、思いもよらないことをするところである。昨年の元スマップの3人、特に草彅剛の全裸監督や、サンシャイン池崎になった斎藤工、またブラックユーモアもきいており不倫報道をにぎわしたメンバーによる電磁波クラブなど誰がどのようなことをするかわからないドキドキ感と、毎年その期待を裏切らないメンバーといった安心感があるのでワクワクして見ています。それに加えて毎年行われる恒例行事といってもいい蝶野正洋の山崎邦正へのビンタや移動のバスといったような通常の企画も楽しみです。特に山崎のビンタのコーナーはとても好きで、山崎邦正に決まるまでの流れが毎回、今年はビンタをされるのが山崎ではないのではと思わせながらの結局は山崎がビンタされるといった流れが好きですし、山崎のビンタのされっぷりが毎年笑ってしまいます。もう一つは、ココリコの田中がタイキックをやられる様子であったり、ジミー大西のコーナーといった定番の企画も安定の面白さがあり好きなので、毎年、楽しみにしています。

30代女性
30代女性

年末の風物詩とも言える「ガキ使 笑ってはいけない」ですが、メンバーのみなさんは笑ってはいけないのに、見ているこちらは笑いっぱなしです。毎年様々なテーマに沿って行われますが、最初のコスプレも楽しみの1つです。誰か1人は奇抜な衣装が用意されているので、思わず笑ってしまいます。移動のバスの中からすでにゲームは始まり、その年に話題になった芸人さんや俳優さんが出てきて笑わせてくれます。毎年、こんな大物俳優さんがこんなことをしてくれるなんて!!と驚くほど、メンバーを笑わせるために体を張ってくれるのでみどころの1つになっています。メンバーのみなさんがお互いを笑わせようと足を引っ張り合う姿も面白いです。仕掛けた人が結局自分で笑ってしまうところも面白いところです。また、毎年、机の引き出しに色んなものが潜んでいるので、何が出てくるか楽しみです。名物になっている蝶野さんと方正さんのやり取りも魅力の1つです。すごく痛そうでかわいそうだと思うのですが、方正さんの本気すぎる嫌がり方に蝶野さんも少し笑ってしまっているところも面白いです。そして、最後に大物歌手の方が、その年の笑ってはいけないを振り返る、替え歌を歌ってくれるところが好きです。振り返りの映像とそれに合った歌詞と歌手の方の歌唱力で最後は感動するほどです。今年も楽しみです。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!