ザダブリュー2020|動画見逃し配信を無料フル視聴できる公式サイトを紹介【バラエティ】

テレビ番組
©Nippon Television Network Corporation

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、2020年12月14日に日本テレビ系で放送のお笑い番組『女芸人No.1決定戦 THE W(ザダブリュー)2020』の見逃し配信動画を安心快適に無料フル視聴できるサイトをご紹介いたします。

『ザダブリュー2020』の見逃し配信動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『ザダブリュー2020』の見逃し配信動画は、Huluなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

Huluは初回登録するだけで、2週間も無料でサービスを利用することができるよ。無料期間中はすべての動画が見放題で見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\2週間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

Huluの概要と特徴

Huluは、日本テレビ公式の動画配信サービスです。

Huluでは、映画やアニメはもちろん、日本テレビ系列で放送された人気ドラマやバラエティ、Huluオリジナル作品などの独占タイトルが数多く配信されています。

初回登録に限り2週間の無料お試し期間が設けられているので、初めての方でも安心。

無料お試し期間中に解約すれば、一切お金をかけずに動画を楽しむことができます!

  • 2週間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで配信作品がすべて見放題
  • 70,000本以上の動画を配信
  • 日本テレビ系番組の見逃し配信あり
  • Huluオリジナル作品・独占タイトルが豊富
  • スポーツ中継や音楽ライブなども充実
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 無料期間後は月額1,026円(税込)
  • 解約がとても簡単

\2週間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『ザダブリュー2020』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS ー/ー 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。

\2週間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『ザダブリュー2020』を公式無料配信サイトで検索

Tver 日テレ無料TADA

『ザダブリュー2020』の番組紹介

今年も開催!“この世で一番オモシロイ女性”を決める祭典

いま乗りに乗っている女性芸人たち待望のコンテストが開幕!漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンス・手品などなど、面白ければ何でもアリ!女性たちが笑いで激突!「女性芸人の祭典」かつ過去に類を見ない「異種格闘技戦」が再び幕を開けます!

放送日 : 12月14日(月) 20:00~22:54 <生放送>

応募資格 : 「女性」 ※プロ・アマ、経歴不問

賞 金 : 優勝者(ユニット)に1,000万円

出場者(ファイナリスト)

646組がエントリーした中、ファイナリストに選ばれたのは下記の10組。

Aマッソ(ワタナベエンターテインメント)

オダウエダ(吉本興業)

ターリーターキー(人力舎)

TEAM BANANA(吉本興業)

にぼしいわし(フリー)

はなしょー(ワタナベエンターテインメント)

ぼる塾(吉本興業)

紅しょうが(吉本興業)

ゆりやんレトリィバァ(吉本興業)

吉住(プロダクション人力舎)

MC

後藤輝基(フットボールアワー)

水卜麻美(日テレアナウンサー)

審査員

川島明(麒麟):

知名度、実績は意味をなさない決勝戦。その日その時間に輝いた芸人に魅せられたいと思っています。全力で審査させていただきます。

田中卓志(アンガールズ):

昨年に続き、今年も審査員をやる事になりました!大会のネタのレベルがどんどん上がっているので楽しみです。審査と共に、出演者の面白さをしっかり伝えられるように、頑張ります!

哲夫(笑い飯):

昨年に続いて今年も審査員をさせていただくことになりまして、恐縮しておりますとともに、恐縮のあまり、審査中におならをこいてしまわないかと懸念しております。へ、ではなく、おならと表現させていただいたのは、おならは元来、女性の上品な言葉だというところを尊重させていただいたからであります。そんな美しい語録や感性の詰まった作品を楽しみにしております。へ出るくらい笑わせてください。

久本雅美:

今年も審査員のお話しを頂き、ワクワクしています。新型コロナで大変な1年でしたけど、こんな時こそ、笑いで明るくしてくれると期待しています。女性芸人の底力を、今年も見せてくれるのを楽しみにしています!

ヒロミ:

毎年審査員をやらせて頂いていますが、審査をする方も緊張しています。毎年ネタのレベルも上がっているので今年も楽しみです。みなさん楽しんでやってください。

リンゴ(ハイヒール):

いよいよ 女芸人の時代がやって来たと感じます。昨年の「3時のヒロイン」のシンデレラストーリー は夢ではありません。今年のシンデレラはいったい誰になるのか熱い戦いに 乞う御期待です。

THE W大会サポーター

EXIT

生見 愛瑠

スタッフ

チーフプロデューサー:東井 文太

統轄プロデューサー:宮本 誠臣

演出:宮森 宏樹

プロデューサー:小江 翼、川口 信洋、沢田 健介

(宣伝:村上 淳一)

『ザダブリュー2020』の優勝予想

30代女性
30代女性

私が優勝するなと予想しているのはゆりやんレトリィバァです。理由としてはお笑いもダイエットも見ていて、とてもがんばり屋さんなのがわかることと、独自のやり方で笑いを提供しているからです。ドラえもんの姿をしたネタでも、日頃のありふれた生活の中で違和感や面白い一面を見つけて、ネタを作っているのでとても親近感がわき、リアルでより面白く感じます。そのドラえもんの喋り方もにせていて、細部までこだわりを感じ、プロ意識の高さが分かります。「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」では英語でスピーチをするネタのように新しいお笑いを提供してくれることをとても期待しています。

20代男性
20代男性

優勝するのはぼる塾だと思います。カルテットでやってるしまだぼる塾として結成して1年という年数ですがネタも面白く期待を込めて予想しました。面白いほかにあんりさんの田辺さんに対する毒舌もすごいなと感じるし、はるちゃんが可愛いというところも好きな理由です。昨年優勝した3時のヒロインみたいに一夜にしてヒロインになる番組なのでとても夢のある番組だと思います。たった一つの頂点を目指して本気のネタを見られるのも醍醐味の1つであります。ぼる塾の他にゆりあんさんも出てるしまだ知らない女芸人さんも出てるのでどんなネタを見られるか楽しみにしてます。

30代女性
30代女性

私の中ではゆりあんレトリィバァ一択です。何なんでしょうか、あの空気。彼女の持っている独特の世界観は誰にも真似できないと思います。そしてそのオンリーワンの世界観へ引っ張っていく力強さ。謎の吸引力、あんなんもう誘拐に近いです(褒めてます)。彼女の顔芸、佇まい、必要最低限ながらもパンチの効いたヘビーな言葉。これらが私たちを凄い勢いで掻っさらってゆくのでしょうか、不覚にも吹き出してしまいます。痛快です。最近痩せてからイメージがガラリと変わったゆりあん。どんなゆりあんワールドを見せてくれるのか、楽しみで仕方ありません。

50代男性
50代男性

今回の「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」において、あくまでも私見ながら優勝候補をお話すると、やはり「ゆりやんレトリバァー」だと考えます。巧みな英語を話しているかに見えて、言葉尻は関西弁というネタは「一級品」ですよね。アメリカの舞台でも実力をいかんなく発揮していた姿からも「本命」だと考えます。その「対抗馬」になる存在としては「紅しょうが」が挙げられます。ハイヒールの漫才の影響を受けたとされる彼女らの漫才は何と言ってもテンポが良いですし、風体さながらのパワフルさもあり、ハマれば優勝は十分に狙える実力はあると私は考えます。

40代男性
40代男性

今年のTHE W 2020の優勝はぼる塾だと思います。今年1年田辺さんの「まあね」が流行語大賞にノミネートされたほど飛躍しましたし、あんりのつっこみがとても実力があり人気もあるので、そのネタがはまって優勝するのではないかと思います。対抗はAマッソで淡々としているが言葉の選び方にセンスがある感じが面白いと思うので、当日の会場ウや審査員の雰囲気によっては優勝もあり得ると思います。個人的には笑けずりでも活躍していたオダウエダが爪痕を残して上位に食い込んでくれたらいい大会になるのではないかと思っています。

30代女性
30代女性

今年のTHEW私が優勝すると思うのは(してほしいのは)ゆりやんレトリィバァさんです。今回の出場者の中で一番知名度の高い彼女ですが、最近ではダイエットに成功し美しくなったことで更に注目されています。彼女はお笑いの腕も確かで、バラエティに出ている時のボケの弾数が他の女芸人とは比べものにならないくらい多く、先輩芸人との掛け合いも抜群に面白いです。以前とあるテレビでやっていた、中学生のゆりやんさんが「芸人になってたくさんの人を笑わせる!」と将来の自分に向けて書いた手紙をしっかり実現させているのを見てからすっかり彼女のファンになってしまいました。海外でも活躍するゆりやんさん、女芸人の目標であるTHEWで優勝してさらに素敵な芸人さんになってほしいです。

20代女性
20代女性

今年は、ぼる塾が優勝するのではないかと予想をしています。去年もいいところまで行って、今年はいろんな番組に引っ張りだこだったので今勢いのある芸人さんだと思います。3人それぞれに個性があって、クセになってしまう笑いですし、なんとも言えないゆったりとした3人の空気感が好きです。まだ芸歴の浅い3人ですが、その分伸び代がたくさんあると思うので去年よりも力をつけてきていると考えます。あんりは少し口が悪い芸風で、賛否両論あると思いますが、とても頭がいいので見ていて面白いなと感じます。田辺さんだけ歳が離れているのも面白いです。

30代男性
30代男性

私はゆりやんさんに期待しています。ぜひとも優勝してほしいです。彼女はピン芸人でありかなり不利だとおもいますが、彼女のネタが作り出す世界観が大好きです。キャラも好きで実は普段は結構しっかりとされているみたいなのでそのギャップも魅力的です。ゆりやんさんの以外は正直詳しくは知らないのですが、M-1と同額の賞金がでで歴史はまだ浅いですが大きな大会だと思います。もっともっと女芸人が活躍できる登竜門になって普段のバラエティーとかにも出てきて欲しいです。やっぱり女性という事で芸人になるのは勇気がいると思いますが、頑張って芸人で生きて行くんだという覚悟がネタに表れると思うので見てるほうは笑いと勇気が貰えそうです。

30代女性
30代女性

ゆりやんさんは、第1回大会の優勝者です。現在、バラエティなどを見ていてもコメントやリアクションがすごくよいと思います。前回優勝したときよりもっと実力がついていると感じます。だから優勝はゆりやんさんと予想。ここまで何年も活躍しているのは、まずあの独特のしゃべり方がやみつきになるからだと思います。うまい芸人さんはやっぱりキャラクターが個性的で印象に残ります。今回のメンバーでも存在感は群を抜いています。また、ネタが豊富です。さまざまな立場や役柄に扮してるのがとても楽しいです。次はどういうことをやるのだろうとわくわくさせてくれます。一つ一つの突っ込みなどもテンポがよくて、飽きません。ダントツでゆりやんさんが優勝するでしょう。

20代女性
20代女性

今回は、さまざまなお笑いのジャンルをするチームがファイナリストとなっているので、審査員たちがどのような評価をそれぞれにするのかが楽しみです。私の優勝者予想は、安定感のあるゆりやんレトリィバァか、今年すごく露出の多かったぼる塾の2チームです。ぼる塾は、新しいタイプのお笑いをしている感じがして、どのネタを見ても穏やかな気持ちで笑えるトリオなので、今回の決勝戦でもぼる塾らしさを活かしたネタを披露して、優勝したら嬉しいです。また、1度も名前を聞いたことがないにぼしいわし、ターラターキーの2チームのネタも気になります。

40代男性
40代男性

ぼる塾で決定かと思いきやAマッソも目があると思いますが、現在ノリにノッているぼる塾に決まって欲しいと思います。あんりの苦労が報われる日がきてほしいです。彼女たちの面白さというか独特の雰囲気は抜群の魅力があって、ユーチューブの動画など日常を切り取ったものではすごい魅力があります。去年、コンビ同士が合体してできたユニットですが、あんりとはるかの「しんぼる」のままでは日の目を見ることはなかったと思いますし、「ねこ塾」から田辺が加わったからこそ味がでたのだと思います。組み合わせの妙です。さらに育休仲の酒寄もネタを考えられる頭脳をもっており、ここで優勝して来年はさらなる飛躍を見せてほしいです。

30代女性
30代女性

Aマッソが優勝するのではないかと期待しています。少し違った目線でコントを組み立てているのが面白く感じられるコンビで、女性芸人の多くは女性である自身をネタにすることが多いですが、Aマッソは男尊女卑や女性の社会進出といった少し違った目線から笑いを組み立てることが多く、それに対して少し毒を加えた笑いに納得させられる面白さがあります。一時は誰にでも噛みついていく型破りさを感じていましたが、最近ではyoutubeをしていることもあってかコンビの仲の良さが見えることで今の風潮にあった雰囲気を感じさせます。美人ながら鋭いツッコミが見られる加納さんと愛嬌があり掴みどころがない村上さんという二人が優勝してどんどんテレビへの出演が増えることを期待しています。

30代女性
30代女性

優勝者予想は、ずばり、初代女王のゆりやんレトリィバァさんです。どこから生まれるのか、笑いの発想力がずば抜けていると思います。痩せてキレイになった、ゆりやんレトリィバァさんが、今回、どのような笑いを起こしてくれるのかとっても楽しみです。友近さんとの突発的なやり取りをどんどん進め、どこに持っていくの?というところまで笑いに繋げていく力であったり、それもすごくナチュラルにスピーディーに進んでいく会話も、面白いのと同時に感心もしてしまう笑いというのがすごいです。それをひとりでも出来るというところも好きです。また、見た目から笑わせてくれたり、動きで笑わせてくれたり。今回はどのようなゆりやんレトリィバァさんのお笑いが見られるのか、とっても楽しみです。

20代女性
20代女性

今回優勝するのではないかと思っているのはぼる塾です。最近たくさんのテレビ番組で出演していて、トークだけでたくさん笑わせてくれます。身体をはったりせず、言葉の力でしっかりと笑いがとれるグループなので、きっと安定した笑いを届けてくれるのではないかと思っています。特に好きなのはあんりのツッコミです。はっきりしていて聞いていて気持ちがいいです。そしてグループ全員が仲が良い様子が伝わってきて、見ていて楽しい気持ちになれます。コロナ下でなかなかお笑いを見に行くことができない中、この番組でそんな気持ちを晴らすことができそうだと期待しています。

50代男性
50代男性

昨年2019年の優勝者はまったく予想していなかった「3時のヒロイン」で、その後の活躍を見ていると「女芸人No.1決定戦 THE W」は女芸人の新たな登竜門となってきている観があります。ですから2021年のテレビで活躍するお笑い芸人を予想する上でも重要な番組となりそう。昨年は「おかずくらぶ」の優勝を予想していましたが、今回2020大会は出場しないようでちょっと寂しい感じています。しかしながら女流芸人というのはまったく予想もしなかった人、今年で言えば「フワちゃん」などが突然ブレイクしたりしますので、そんなことを考えると本番組は目が離せなくなります。審査員が昨年と同じ顔ぶれなので、その点でも優勝者の予想はしやすいかもしれません。ゆりあんレトリイバァ、ぼる塾は優勝最有力候補でしょうが新鮮味に欠け点もあり、その点で他の出場者に分がありそうな気がします。12月14日の決勝を楽しみにしています!

『ザダブリュー2020』の感想(ネタバレ含む)

20代女性
20代女性

今回で4回目のTHE Wは注目していて優勝するかなと思っていたのはぼる塾でした。Bブロックでは一度優勝したことのあるゆりやんレトリィバァがサザエさんのカツオネタを披露していましたが、面白かったけれどもう独特すぎて逆に難しいと感じました。なかなかの接戦でこのせっている感じもよかったです。ぼる塾は女子の恋愛ネタで勝負していましたが、やっぱりたなべさん緩やかな感じと鋭いツッコミは最高だと思いました。個性派でどの組が優勝してもおかしく無い感じでしたが、芸歴6年目の女芸人吉住が優勝。最初の野球の女子審判のネタがなんかツボで面白くてよかったです。着眼点がすごいなと感じました。納得の行く吉住の優勝でこれからもたくさんネタを見たいです。

20代女性
20代女性

毎年見ていますが、今年のThe Wは熱い戦いだったと思います!特にBブロックは、ゆりやんレトリィバーやぼる塾、Aマッソなどテレビで活躍してる人が多くて面白い勝負でした。決勝ではどちらが勝ってもいいくらい笑いました。新型インフルエンザで暗い気持ちになっている日本に笑いを届けてくれたと思います!吉住さんのネタ、妄想だけであんなに面白く話を膨らませられるなんてすごいです。女の子がよくしそうな妄想をなんというか…激しくしたような!(笑)そんなネタでした。ネタの内容も分かりやすくてスッと入ってきたので、頭を使わずに内容が理解できて楽しかったです!これから年末年始に向けて、さまざまな番組に出てくれることを楽しみに待っています!!

30代男性
30代男性

自分はユリやんさんに期待していたのですが残念な結果でした。でも面白いネタでした。今年で4回目の開催ということで全体的なレベルも上がってきたと思います。ただ今年は観客が少ないのか笑い声が少ないのは芸人さんにとってちょっと気の毒ではあったとおもいます。しかし芸人で生きていくんだという強い心をもった女性たちの戦いは見ていて感動しました。最終決戦の2組は結果的に大差でしたがどちらが優勝してもおかしくないような内容だったと思います。ただピンで笑いを取っていた吉住さんのほうがネタに色々引き出しがあり技術を感じました。そして優勝の瞬間涙を流していたのが印象的でした。これから頑張って売れてほしいし来年以降もこの大会を続けてほしいと思いました。

30代女性
30代女性

見始めた時はやはり女性より男性のお笑いの方が抜群に面白いなと感じたのですが、Aマッソを見たときにとても新しい笑いで感動しました。映像がないバージョンの2人のお笑いも見てみたいなと興味がとてもわきました。そして個人的にとても期待していたゆりやんレトリィバァが出た時、やはり想像していた通りとても面白く笑い転げました。女性としてもダイエットをがんばりながら美を磨く姿はとても魅力的です。またプロ意識を持って笑いを追求する姿もカッコ良いと感じました。負けてしまいましたが個人的にとても尊敬しています。決勝になりますが、吉住さんと紅しょうがさんはどちらもとても面白かったです。ピン芸人のメンタルの強さがコンビやトリオよりもはるかに強いと思うので、優勝勝ち取った吉住さんは輝いて見えました。人付き合いが苦手な彼女の今後がどのように変わっていくのか非常に楽しみです。

20代女性
20代女性

最初から、Aブロックまで見終えて思ったのは、女芸人ってこんなに面白く無かったっけ‥?審査員の感想もなんだか出場者たちを傷つけないように褒めてあげてる感じがして、なんだかなーと思い、見るのやめようかなと思っちゃいましたが、個人的にゆりやんレトリィバァさん好きなので、Bブロックもそのまま視聴続行。初代チャンピオンになった時程のインパクトはなかったけど、もうゆりやんはゆりやんのキャラを確立してますよね。しょうもなくて、そのしょうもなさが逆に面白かった。そしてその後。吉住さん。ネタのセンスむっちゃよくて面白かったです。選ぶ言葉のセンスが抜群で、なおかつ演技力が半端ない。シュールなお笑いやっぱり好きだなあって思いました。吉住さん初見だと思ってたんですけど、おもしろ荘に以前出られてたんですね。どこかで見たことある気がしてました。優勝おめでとうございます。これからに期待!

20代女性
20代女性

THE W今回初めて最新から最後まで見ました!Aブロックでは、TEAM BANANAと紅しょうががとても面白かったです!TEAM BANANAは初めて見たのですが、トップバッターと思えない貫禄があり、テンポ良い漫才にとても笑いました。また紅しょうがは、上沼恵美子さんのモノマネでしか知らなかったのですが、漫才もこんなに面白いんだ!と驚きました!また、Bブロックではゆりやんレトリィバァさんと吉住さんが面白かったのですが、こちらも初めて見た吉住さんの演技力や、テーマの斬新さがとても面白かったです!番組通して、知らなかった芸人さんたちが多かったのですが、どの方たちも面白く、各々の個性が素晴らしかったです!また視聴者審査も参加し、そちらの面でも楽しめました!

20代女性
20代女性

私が1番面白いと思ったのは「紅しょうが」です。元々大好きな芸人さんで漫才も面白いと思っていたので、優勝してほしかったですが、「吉住」が人気な理由も分かるので、いい勝負だったなぁと思いました。「ゆりやん」のサザエさんのカツオのネタも面白かったです。何回も同じことを言うのに、何も怖がらずにネタをする”マイウェイ”なゆりやんが大好きです!そして「Aマッソ」の新感覚的なネタはすごいなぁと思いました。面白いより、スゴイが勝ってしまったので、もう少し笑えるポイントを増やすと本当に面白くなると思います!「ターリーターキー」のネタも私は好きでした。まだ新人なのに実力があるなと感心しました。もっともっと面白くなりそうで期待大です!やっぱり私の1位は「紅しょうが」なのでこれからも応援したいと思います!2020年のTHE Wは全体的に面白くて良かったです!!

20代女性
20代女性

今年のTHE W2020は、本当に面白い芸人さんばかりでした!ゆりやんさんやぼる塾さんはテレビで見たことがありますが、吉住さん、オダウエダさんなどは初めて見たので、ネタを見る前からワクワクしました。TEAM BANANAさんの誰でもわかりやすいシンデレラのネタや、Aマッソさんのプロジェクターを使った新時代のネタも、とても面白かったのですが、私が1番面白いと思ったのは吉住さんです!女性審判のネタと銀行員のネタに心を掴まれ、家族で爆笑しながら見ました。ネタが始まった瞬間に完全にネタのキャラになりきっていて、世界観に入り込みやすかったです。決勝でも吉住さんに投票したので、優勝されたときはとても嬉しかったです!!どの女性芸人の方も熱い思いをもってTHE Wに挑戦していて、人を笑顔にすることに一生懸命な姿はかっこよかったです!

30代女性
30代女性

漫才やコント、コンビやピンなど様々に見られ、年々面白さがレベルアップしているように思えます。王道、不思議系など色んな笑いの形が見られる中で一番驚いたのがAマッソでした。舞台とデジタルを融合したコントに新しさを感じ、エンターテイメント性の高さを強く感じさせました。惜しくも敗退してしまいましたが、印象強く残りました。そして今回優勝したピン芸人である吉住さんの一人コントには面白さの中に驚きや感動があり、何より演技力に惹きこまれました。一人なのに作り上げるコントで他の登場人物や背景が見えてきて世界観に惹きこむ強さを感じさせました。優勝候補が多くいる中で優勝を勝ち取り涙する吉住さんの姿に応援したいという気持ちが強くなりました。また、優勝を逃した他の芸人さんも今回出場されたことで世間に知られ、そこからどう浸透していくか今後の活動に期待が高まった番組でした。

20代女性
20代女性

今回はAブロックが新参者、Bブロックが場数を踏んできた実力者たちという印象が強く、確かに実力の差を感じました。結果は審査員の好みもあったかもしれないが、私はちゃんと評価されて選ばれた結果だと思いました。ぐるナイのおもしろ荘でやっていた段ボールを使ったネタで出てきた時から気になっていた吉住がでてきて、どことなくマツモトクラブやバカリズムといった世界観の確立した独特な雰囲気のある芸人と同じような感じが、良かったです。Aマッソの霜降りのような革新的な漫才、他にはマネできないゆりやんのネタ、安定的なほのぼの感のあるぼる塾、関西の劇場で積み上げてきた紅しょうがのようなそれぞれ確立している漫才も面白かったです。男の漫才・コントだけでは表現できなくてこのTHE Wでしか見れないネタと緊張感がテレビ越しに伝わってくるものがあり、見てるこっちまで緊張してしまいました。笑

20代女性
20代女性

紅しょうがを応援していたので見ていたが、今年はおもしろい人が多く、とても楽しく見れた。Aブロックのオダウエダの最後の目が飛び出してくるところは急な展開で意味が分からないけれどおもしろかった。紅しょうがはさすがのナニワの漫才師という感じで、熊本プロレスさんの最初のツカミからおもしろかった。BブロックはAマッソがただの漫才ではなく、近代的で後ろの背景も込みで見たことないスタイルでびっくりしたし、そんな見せ方があるんだと思って感心した。吉住さんはキャラに入ったときが別人のようで見ていてすごいなと思ったし、設定が今までにない新鮮なものだったのでおもしろかったし、2本目もまた違うキャラだったので他のものも見てみたくなった。

30代女性
30代女性

昨年同様、大変いい戦いでした。どの女芸人さんもとても面白くレベルの高い勝負だったと思います。今回優勝した吉住さんのことは、初めて知ったのですが最初のコントを見た瞬間「今年はこの子が優勝する気がする」と直感で感じました。今年もぼる塾やゆりやんなど強敵ぞろいの中、すい星のごとく現れた彼女はまさに2021年のスターになると思います!普段は管理人のアルバイトをしていて、極力人と関わりたくないと言っていましたが、ネタの時はものすごく輝くというギャップも相当なインパクトでした。違うネタも見てみたいなと思える芸人さんですね。もちろん準優勝の紅しょうがさんのネタもとても面白かったですし、迫力があってよかったです。少し気が早いかもしれませんが、来年のTHE Wも楽しみです。

40代女性
40代女性

THE MANZAI とかをイメージしていたら挑戦者が思っていたより少なかったし知らない名前が多くて最初は面白いのか不安でした。しかし女子ばかりなので全体的に華やかだし、大会サポーターがメルルとEXITでとても華やかさがありました。ゆりやんとぼる塾以外知らない名前ばかりでしたが、私的にはこの2チームよりも他の挑戦者の方がだんぜん面白いと感じました。特にゆりあんは、私は全然ツボに入らず、周りの評価は良かったものの、全く笑えませんでした。それに比べ今回優勝の吉住をはじめ、若手が勢いがあって面白かったです。最終まで残った吉住と紅ショウガはしっかりストーリーが作られてて、コントというよりお芝居な感覚で見入ってしまいました。どちらも今後色々な番組に出演し期待出来ると思います。今回は新しい形のお笑いが出てきた感じがしました!

30代女性
30代女性

基本的に女性芸人全般が好きなので、今回の大会も楽しみにしていました。応援していたのは前回決勝戦で敗れたはなしょーと、最近バラエティで見かけることの多かったぼる塾。あんりの歯に衣着せぬ物言いがすごくお気に入りで応援し始めました。どちらもBブロックで少し残念に思い、どちらが優勝しても面白い大会になるだろう!と見ていたのですが、どちらも一回戦で敗れてしまい残念に思いました。しかしほかの芸人のネタを見ているうちに、吉住に心を惹かれている自分がいました…。女性ピン芸人のまじめなネタはあまり見たことがなく新鮮なうえ、作り込まれた設定と演技力がすごくて見入ってしまいました。個人的には決勝ネタの方が銀行強盗というありがちな設定ゆえ、理解しやすくてよかったです。また、ネタの時だけキャラが変わるという性格も好感が持てました。普段はきっとそこまではっちゃけたキャラではないのでしょう。お笑いに対して真面目で熱い感じがして、これから応援したいと思える人でした!全般的にすごく見ごたえのある内容でした。

20代男性
20代男性

『THE W 2020』は、女芸人のナンバーワンを決める大会で、漫才や漫談からコントまで幅広いネタを観れるのが、他のお笑いの大会にはない魅力です。そして、2020年の今回で4度目の開催で、歴代優勝者はテレビでよく見る芸人さんばかりです。つまり、この大会で優勝すると、バラエティ番組への露出も増え、人気芸人の仲間入りもできるという夢のある大会でもあります。また、大会の審査方法としては、10組の出場者を2つのブロックに分けて、どちらが良かったのかを審査していく勝ち上がり方式なので、非常にバチバチした緊張感のある戦いが観られます。そして、今大会は実力派や歴代の優勝者がひしめくBブロックを勝ち上がった、吉住さんの優勝で幕を閉じました。この大会は、年々レベルも上がっていると感じるので、来年以降も開催されるのであれば楽しみにしたいです。

20代女性
20代女性

Aブロックは、TEAM BANANAが印象に残りました。初めて拝見したのですが、全体のトップバッターなのに堂々とされていて、正統派の漫才スタイルでとても好みでした。決勝に進んだ紅しょうがもお二人のキャラがそれぞれ素敵だなあと感じました!Bブロックは、順番がだいぶ勝敗を左右したのではないでしょうか。Aマッソは斬新な手法で驚きがありつつしっかり笑えて、トップバッターでなければ決勝に進んだ可能性もあったのではと思うほどでした。吉住さんは、あのインパクト大なゆりやんさんの後に雰囲気をガラッと変えたという点が勝利につながったように感じます。そして吉住さんの優勝には心から納得です!女審判という題材含めネタ自体も最高でしたし、コント中のキャラの憑依具合やトーク中のゆるっとした雰囲気がとても魅力的で、一気にファンになりました。全体を通して、今年のTHE Wはとてもレベルが高い戦いだったと思います!

30代男性
30代男性

今回が4回目の開催で、番組も脂がのってきてとても面白かったです。昨年、無名だった3時のヒロインさんが優勝され、その後テレビで大活躍されたように、有名でない芸人さんが一夜にしてスターの切符をつかむのを見れるのはとても興奮します。M-1が始まった時のようなわくわく感やドキドキ感があります。また、この番組をきっかけにか女性芸人もとても増え、笑いのレベルが上がってきたように感じます。純粋にネタを楽しめました。他のネタコンテスト番組と違って、漫才やピン芸人などのジャンルが決まっていないのも面白い要素の一つで、たくさんの種類の笑いがあります。ですので、基準作りに苦労されている審査員の悩みぶりがよくわかります。判定に視聴者の意見があるところもいい点ですね。審査員だけだとたまに芸人目線の疑問な評価もあるので、好意的です。ルール上、後から出てきた芸人が有利な感じもするのですが今回は先発した吉住さんが逃げ切りの形で優勝されたので新しい展開を感じることができました。実際、彼女の方が笑いをとっていて面白かったと思います。来年の活躍を期待したです。

30代女性
30代女性

過去に優勝したゆりやんレトリィバァさんや、次にブレイクしそうと常に言われ続けていたAマッソなど、バラエティにとんだ出場者で優勝者の予測が全くつきませんでした。ゆりやんさんはやはり独特。シュールなカツオくんのネタで終始大笑い!すごく単純で同じ事をひたすらに喋っているだけなのに、なぜこんなにおもしろいのか!やはりゆりやんワールドはとても癖になります。Aマッソは新たなお笑いの世界を作り上げ、21世紀のデジタルテクノロジーとお笑いの混ざりあった世界観を作っていて面白いのに少し感動している自分がいました。今年は優勝してほしかったですが、吉住さんも女審判などのネタが最高に面白かったので、結果的には納得の大会でした。

30代女性
30代女性

優勝した、「吉住」に関しては、個人的にとても面白く、設定が独特で引き込まれた。地上波で吉住のコントを見るのは初めてだったが、爆笑というか、クスッと笑い続けられるようなコントだったと思う。笑言い続けられるというのは、個人的にはポイントだと思っていて、他の芸人さんの場合、コントの背景や、流れをつかみ、最後にひと笑いする、という形が多い中、最初から最後まで笑い続けられたのが吉住だったと思う。ゆりあんは、おそらく玄人向けなのだろうと感じた。スタートする前のコメントはとてもかっこよかったが。なかなか流れを掴むまでに時間がかかった。実は、一番好きなのは、Aマッソで、一番応援していたし、優勝してほしかったが、今回一般受けするのはやはり吉住だったと思う。ただ、Aマッソの二人の世界観や言葉の言い回しは天才的なので、もっと評価して欲しいし、もっともっと有名になって欲しいと思う。

20代男性
20代男性

今年の大会は今まで一番楽しく、熱くなれた。女性芸人が日本の芸能界での存在感を日に日に増していく中で、この大会で優勝することは本当に価値のあることだと思う。それぞれの芸人に全く違う個性、特徴があった。BブロックトップバッターのAマッソは、日本のお笑いにおける新しい形を創り出したと言っていいと思う。後続のゆりやんレトリィバァに負けってしまったが、爪痕はしっかり残ったと思う。Aマッソだけでなく、優勝できなかった組もしっかり視聴者の心に残ったと思う。M-1やキングオブコントなど他の賞レースでは男芸人と比較されて埋もれてしまいそうな、才能のある芸人・スター性の人材をすくい上げるという意味でも本大会の意義は大きいと思う。YouTubeにて生配信されていた副音声的な番組も面白く、視聴者投票など他のどの賞レースよりも現代的な番組の構成だと感じた。

\2週間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!