ミュウツーの逆襲EVOLUTION|動画配信を無料フル視聴できる公式サイトを紹介【アニメ映画】

アニメ映画・劇場版
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998-2020 ピカチュウプロジェクト

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、アニメ映画『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』のフル動画・見逃し配信動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』の動画は、TSUTAYA TV/DISCASのDVDレンタルなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

『TSUTAYA TV/DISCAS』とは、ネットで動画視聴ができる「TSUTAYA TV」とDVDの宅配レンタルができる「TSUTAYA DISCAS」の複合サービスのことです。

TSUTAYA TV/DISCASさえあれば、外出先でもスマホやノートPCで動画を楽しむこともできるし、自宅でゆっくりDVD動画を楽しむこともできます。

ジブリ作品や著作権などの諸事情により動画配信されていない作品でも、旧作DVDなら無料でレンタルすることもできます!

しかも、DVDレンタルは、わざわざ借りるために外出しなくても、自宅まで届けてくれるのでとても便利です。

初回登録に限り30日間の無料お試し期間(+1,100円分のポイントプレゼント)が設けられているので、初めての方も安心。

無料お試し期間中でも、有料会員とほぼ同じサービスを利用できます。(新作DVDの宅配レンタルのみ有料会員限定)

無料お試し期間中に解約すれば、一切お金をかけずに動画を楽しむことができます!

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,659円(税込)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよ。

送料無料も嬉しいね。

旧作DVDはすべて無料で借り放題!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

※無料お試し期間中、8枚目までなら準新作も借りることが可能です!(新作は有料会員のみ)

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

旧作でも、動画配信サービスでは有料だったり、そもそも配信されていない作品も多いから、そういう作品はDVDをレンタルしちゃうのが一番だよ。

ジブリもディズニーもジャニーズも。見たい作品がどんどん見つかるね!

TSUTAYA TV/DISCASでこれらの作品も無料レンタル可能

  • 劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲
  • ポケットモンスター ミュウツー!我ハココニ在リ
  • 劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇(であい)
  • 劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒

など

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS ー/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』の作品紹介

1998年公開のポケモン映画シリーズ第1作「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」をフル3DCGでよみがえらせたアニメ映画。全てのポケモンの“はじまり”と言われ、「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」の2つを持つ冒険者の前にだけ現れるという幻のポケモン・ミュウ。世界中のポケモン研究者がその行方を追う中、ついにある科学者がミュウの化石を発見し、それをもとに禁断の行為に手を染めてしまう。人間のエゴによって生み出された伝説のポケモン・ミュウツーは、自身の存在理由も分からないままに兵器としての実験を繰り返され、心の中に人類への憎悪の念を宿していく。劇場版第1作でミュウツーの声を演じた俳優の市村正親が再び同役を担当。これまで数々のポケモンアニメを手がけてきた湯山邦彦と「ルドルフとイッパイアッテナ」の榊原幹典が監督を務める。

キャスト

サトシ:松本梨香

カスミ:飯塚雅弓

タケシ:上田祐司

ムサシ:林原めぐみ

コジロウ::三木眞一郎

ニャース:犬山犬子

ピカチュウ:大谷育江

ミュウツー:市村正親

ミュウ:山寺宏一

ボイジャー:小林幸子

海賊風トレーナー:レイモンド・ジョンソン

スタッフ

監督:湯山邦彦榊原幹典

原案:田尻智

脚本:首藤剛志

エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長

プロデューサー:下平聡士、關口彩香、長渕陽介

アニメーションプロデューサー:小林雅士

CGIスーパーバイザー:那須基仁

音響監督:三間雅文

音楽:宮崎慎二

ナレーション:石塚運昇

アニメーション制作:OLM Digita

主題歌

オープニングテーマ曲 「めざせポケモンマスター’98」(2019 Remaster)
歌 – 松本梨香 / 作詞 – 戸田昭吾 / 作曲 – たなかひろかず / 編曲 – 渡部チェル / リマスター版制作 エンジニア – 工藤雅史(SME Records)

エンディングテーマ「風といっしょに」
歌 – 小林幸子&中川翔子 / 作詞 – 戸田昭吾 / 作曲 – たなかひろかず / 編曲 – 亀田誠治(ソニー・ミュージックレコーズ)

『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』のあらすじ

全世界に告ぐー。原点にして、最高峰。

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン、ミュウ。全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。

「ここはどこだ・・・。わたしは誰だ・・・。」

最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に産み落とされた伝説のポケモン。その名もミュウツー。存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していくー。

「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」

『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』の感想

30代女性
30代女性

初代ポケモン映画が約20年の時を経て帰ってきた!多くのリメイクの作品がありますが、これは本当にリメイクして良かった!3Dという現代の技術をとりいれ、正に生まれ変わったと言わんばかりでした。当時小学生なりたてだった自分はポケモンブーム真っ只中で、クラス全員がポケモンに夢中!もちろんこの映画も映画館に見に行きました!小学生の自分にも難しいテーマながらも感動できるこの作品。もちろん今回のリメイクバージョンも同様、大人になっても感極まる作品でした。所々旧作と異なる場面もありましたが、それもまた現代風になっていたり新しくゲームに加わってるものであったり、、旧ポケモンをあまり知らない現代の子供にも楽しめるような作品になっておりました。そして自分の息子がちょうど小学生。あの頃の自分と同じ歳で、息子も涙が流れるシーンもありました。今となっては伝説のポケモンと言われるポケモンは増えていますし、ポケモン映画もポケモンもたくさん出ていますが、息子はこの作品でミュウツーのかっこよさに気づき、今では1番大好きなポケモンになっています!親子で楽しめる要素がとにかくたくさんで、親も子供の頃の気持ちに戻れますし、子供は新しい気持ちで見れる、とても素晴らしい映画でした!

20代女性
20代女性

大人になってまたこの映画を映画館で見られるとは思っていなかったのでいろいろな思いがこみ上げました。映画が始まって、オーキド博士の声が聞こえたあたりからもうずっと泣きっぱなしでした。長く続く作品には必ず別れがあります。旧作から声を持ってきてくれたことに心から感謝しています。3Dにする必要はあるのだろうか、と思いはしたのですが、滑らかに動くポケモンやサトシたちを見るのは新鮮な気持ちでした。見ていくうちに違和感は消えるので問題はありませんでした。ストーリーも声もほぼ旧作と同じなのですが、大人になってからこの作品を見ると、テーマの重さをより一層感じます。アニメのポケモンを見て育ったので、この作品を大切にしてくれていることが伝わってきてとても嬉しかったです。ポケモンはこれからも続いていくのだろうと思いますが、この作品のような命とは? 生きるとは? ということをまた問うような作品が出てきてくれたらと思っています。

30代女性
30代女性

この作品において先ず印象的なのは、美しく迫力のある映像です。精緻に描かれた多種多様なモンスターそれぞれの毛並みや皮膚の質感、そしてセルアニメであるテレビ版やゲーム映像以上に臨場感たっぷりのバトルシーンは、ポケモンという非現実的であるはずの存在にリアリティをもたらしています。そうしてそのリアリティこそが彼らをポケモンバトルというゲームの「駒」ではなく、自身の在り方に悩み苦しみ、痛みを覚える「生き物」であるということを視覚的にわかりやすく訴えてくるおかげで、己のレーゾンデートルを求めるミュウツーの姿が非常に切なく感じられ、気付けば彼のドラマに引き込まれているのです。また、そのようなシリアスなテーマを扱いながらも子供から大人まで素直に楽しむことが出来る内容である点もおすすめのポイントです。シリーズごとの絵柄の違いに左右されないのも3DCGの利点であり、幅広い年代に受け入れられやすい良作と言えると思います。

20代女性
20代女性

ポケモンは放送当初から人気で、わたしもずっと見てきた作品です。ミューツーの逆襲はポケモンの中で一番好きな映画だったので、リメイクと聞いて嬉しかったです。成長していくにつれ、この映画を知らない小さな子たちが増えているのだと思うと悲しかったので、それがリメイクとして蘇るというのが、作品を見てもらえる機会が増えるのがまず嬉しかったです。ゲームなどでも出てくるミューツーの生まれたわけが解明されて、生きている意味とは?何のために生まれたのか?という事に疑問に持つミューツー。見ているとそこを自分に照らし合わせて考えたりと、とても深い内容です。後半のシーンで必ず泣いてしまうシーンがあります。何度見ても、どうなるか分かっていても涙が自然と流れてしまうんです。今回リメイクされて、3DCGでポケモンたちの尻尾の先までリアリティがあって、実際にいるとこんな感じなのかなとも感じさせられます。実際に触りたいなと感じるほどです。またら昔とは違う迫力が増しているのでぜひぜひ昔見た人も、今の子どもたちにも観てほしいです!

20代男性
20代男性

1998年に公開されたオリジナルをおよそ20年の時を超えて3DCGで見事にリメイク。これはもはや子供向けではなくいい年した大人が観ても素晴らしいと思える作品です。観ていると「こんなシーンあったなぁ」「このシーンはすごかった」などファンにとっては懐かしい内容ですが、オリジナルを観たことがなくても新しいポケモン映画として確立されています。ほかの劇場版よりは内容は重めで激しい戦闘シーンもオリジナルに負けないぐらい作りこまれていて、サトシが石になってしまうなど泣けるシーンもありつつ、明るいシーンではコミカルな表現もあるので観ていて飽きないです。ポケモンたちにも感情があるということが内容に鮮明に出ていると思います。サトシやほかのキャラクター、そしてポケモンたちとの絆を、今までのどの劇場版よりも強く感じられる内容でした。時代を超えてオリジナルがこういう形でリメイクされるのは大人にも子供にもうれしいですね。

30代女性
30代女性

ミュウツーの逆襲は、20年前、ポケットモンスターの初の映画として上映された名作です。子供向けアニメでありながら、ミュウの遺伝子操作によって、人間のエゴによって作られたミュウツーが、今度は人間に逆襲をするため暴走してしまうという、ストーリー展開がしっかりしている作品です。その名作が3Dでリバイバルされるということで、大人から子どもまで世代を超えて楽しめると思います。新しいポケモンの映画にちなんで、地上波発放送となるミュウツーの逆襲evolution。当時、小学生でしたが映画館に足を運びミュウツーの逆襲を観ました。普段のポケモンのアニメの子ども向けの明るい雰囲気とは違い、ミステリアスホラー・サイエンスホラーのような雰囲気に圧倒された記憶があります。現在大人になり、映画館で見るほどではありませんが、3Dで帰ってきたミュウツーの逆襲はとても気になります!当時を思い出しながら、話の展開に違いはあるかも含めて、見比べてみても面白い気がします。

20代女性
20代女性

1998年にアニメで映画化された作品が3DCGでリメイクされて帰ってきた。昔の「ミュウツーの逆襲」を知らない子供たちも楽しんで見れる作品。映像が立体的で登場人物がまるで本当に実在しているかのようだ。ポケモンバトルもアニメより迫力がある。しかしただ楽しくて興奮するだけの内容ではない。研究者たちのエゴによって作られたミュウツーが自分の存在意義に悩むシーンがある。例えポケモンではなくても生まれてきたくて生まれた生物はいない。もしかしたらミュウツーと同じ悩みを持つ者がこの映画を見たらミュウツーに共感できるかもしれない。自分の生まれてきた意味という答えが出ない問題にミュウツーはどう答えを出すのか、それがこの映画の一番の見どころだ。旧作の映画の名シーンも全部入っている。感動できる要素が多く子供にも大人にもおすすめだ。旧作と違うシーン、追加されているシーンもあるのでそこを探してみることも楽しみの一つかもしれない。

30代男性
30代男性

表面上は子供向けのような温かみのあるCGアニメーションです。しかしテーマは深いです。子どもたちはサトシやピカチュウのがんばりやアクション等の表面を見て楽しみ、親御さんはミュウツーの内面や命にオリジナルもコピーもあるのかというようなテーマ性で楽しむことができる素晴らしい作品です。ミュウツーは人間たちの手により生み出された存在です(冒頭)。自然の流れの中で生まれたという存在ではなく人工的に人間たちの遺伝子操作で生み出された存在のミュウツーの気持ちに立って見ると生まれたではなく生み出されたこと自体が命に対して疑問を持つ理由にもなるし、誕生してから人間の支配下というある種屈辱的な状況であり逆襲を決意してもおかしくはない、オリジナルであるミュウを倒して本物になりたいと今になってみるとミュウツーの視点に立てる自分がいることに気づきます。自身と同じ境遇とも言えるコピーポケモンたちを作り出し組織化してオリジナルを殲滅しようとするときもどこか疑問を感じつつでもあとには退けないという微妙な心理状況を経てクライマックスでのあの決断に繋がるという展開も大人になって見てみると本当によく出てきています。テーマの重さ故全部のポケモン映画の中でも異端的存在でありますが、私にとっては最高傑作です。

50代女性
50代女性

毎週放送されているベタ塗りアニメの「ポケットモンスター」に慣れているため、この映画を視聴する前は、ディズニーアニメのような3DCGのポケモンに違和感を抱いてしまうのではないかと少々不安でした。しかし実際の映画を見てみると全く違和感が無く、むしろ「名探偵ピカチュウ」の実写とCGが混在する映画より、クレイアニメのような柔らかいタッチとフォルムでとても見やすく感じました。内容は、1998年公開のアニメを見たことが無くても問題なく理解できるもので、とても面白く、ポケモン界で神格化されているミュウとミュウツーの成り立ちを知ることもできます。いろいろな科学者の思惑により生まれた悲劇的なエピソードも含まれており、単なる子供だけに向けられたものではなく、とても示唆に富んだストーリーです。またポケモンそれぞれのもつモーションなども細かく再現されており、20年以上経て古臭く見えてしまうアニメをCGでリメイクした意義も強く感じられました。

20代女性
20代女性

ミュウツーの逆襲EVOLUTIONはCGアニメーションになっていて今までのポケモンにはなかった表現方法になっています。CGはポケモンの世界観を崩すどころかワクワクドキドキさせてくれるものでした。私自身、ポケモンはゲームもアニメも初期から現在までの作品のファンです。自分が生まれていないころの作品まで手を出してます(笑)序盤の何でもない背景から感動していました。私はイーブイがすごく大好きで、ちらっと映り込んだだけですぐに気づいて「ああああああ!!!かわいい/////」ってもだえてたら近くにいた家族に笑われたのを覚えています。CGアニメでよみがえる前のアニメのタッチも好きですが、CGになったことでポケモンの世界観にどっぷりつかれます。ドット絵のころからゲームを遊んでいるものとしては、たとえ主人公がサトシ(アニメ用の主人公)でも、感動ものでしかないです。大好きなゲームからここまで育ってくれて私は嬉しいです。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!