黒子のバスケ1期|動画配信無料で全話フル視聴できる公式サイトを紹介【TVアニメ】

TVアニメ
©藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、アニメ『黒子のバスケ1期』の見逃し配信動画を安心快適に無料で全話フル視聴できるサイトをご紹介いたします。

『黒子のバスケ1期』の見逃し配信動画を無料で全話フル視聴するには?

©藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

結論からお話しすると、『黒子のバスケ1期』の見逃し配信動画は、U-NEXTなら追加料金なしで無料で全話フル視聴することができます。

U-NEXTは初回登録するだけで、31日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、600円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

過去にU-NEXTを登録したことがある方はdアニメストアがおすすめ!

\31日間無料お試し/

※無料期間中に解約すれば0円。

U-NEXTの概要と特徴

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 190,000本以上の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は19万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

出典:U-NEXT公式ブログ

出典:U-NEXT公式ブログ

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

U-NEXTは、4つのジャンルで1位を獲ってるんだよ!

他社よりもたくさんの作品が楽しめるってことだね!

『黒子のバスケ1期』を見終わった後でも、数多くの作品が視聴可能ですので、気になっていた作品やもう一度見たかった作品を、ぜひこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか。

家族みんなで動画や漫画をシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを持つことができるので、家族みんなで楽しむことができます。

お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、それぞれ独立したアカウントで自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画や漫画などをお得にシェアすることができます。

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるから、安心だよ。

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホやタブレットにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学の移動中、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、データ量を心配することなく、待ち時間やスキマ時間を有意義に使うことができます!

動画のデータ量って結構気になるから、これは嬉しいね!

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『黒子のバスケ1期』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS △/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。

U-NEXT以外ならdアニメストアがおすすめ!

dアニメストアでは、初回登録で31日間の無料お試し期間が設けられていて、無料期間中は4,000作品以上のアニメが見放題なので、追加料金なしで思いっきりアニメを楽しむことができます。

dアニメストアは、アニメに特化したサービスのため、アニメ作品数の多さや新作の先行配信はもちろんのこと、月額料金がたったの440円(税込)という安さが魅力的!

観たいアニメが無料期間中にすべて見られなくても、お財布にやさしい価格なので、あまり負担にならずにサービスを継続利用することができます。

無料期間後も継続してアニメを楽しみたい方には、ぜひともオススメしたいサービスです。

\31日間無料お試し/

※無料期間中に解約すれば0円。

『黒子のバスケ1期』の作品紹介

人気バスケ漫画を原作とする第1弾!イケメンたちの活躍に熱狂的女性ファン多数!

見どころ

「影」の黒子と、「光」の火神。ふたりは互いの力に支えられながら、ライバルたちに挑む!

ストーリー

全中3連覇を誇る無敗の帝光中学バスケ部には10年に1人の天才たち、通称「キセキの世代」がいた。そして彼らに一目置かれていた幻の6人目・黒子テツヤは誠凛高校に進み、同じく一年の火神とともにキセキの世代たちを倒して日本一になろうと決意する!

キャスト

黒子テツヤ:小野賢章

火神大我:小野友樹

黄瀬涼太:木村良平

緑間真太郎:小野大輔

相田リコ:斎藤千和

日向順平:細谷佳正

伊月俊:野島裕史

小金井慎二:江口拓也

笠松幸男:保志総一朗

高尾和成:鈴木達央

スタッフ

監督:多田俊介

原作:藤巻忠俊

アニメーション制作:Production I.G

キャラクターデザイン:菊地洋子

音楽:中西亮輔、R・O・N

総作画監督:菊地洋子

『黒子のバスケ1期』と併せて観たい作品紹介

U-NEXTでは、『黒子のバスケ1期』関連作品も数多く配信されています。

黒子のバスケシリーズ作品

小野賢章声優作品

  • 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
  • 文豪ストレイドッグス
  • 覇穹 封神演義
  • ReLIFE 完結編
  • プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ

多田俊介監督作品

  • テニスの王子様 全国大会篇
  • NOBLESSE -ノブレス-
  • スタミュ
  • 劇場版“文学少女”

まだまだ紹介しきれないくらいたくさん配信されているから、気になる作品があれば、U-NEXT公式サイトで確認してみてね!

『黒子のバスケ1期』のあらすじ

誠凛高校のバスケ部に超影の薄い新入生、黒子テツヤが入部した。運動能力は平均以下だが、その影の薄さゆえに、相手に気づかれないようにパスを回すことができる…。さらに、誠凛バスケ部は火神大我という超大型新人を獲得する。「影」の黒子と、「光」の火神。ふたりは互いの力に支えられながら、ライバルたちに挑む!

第1Q「黒子はボクです」

この春、誠凛高校のバスケットボール部で新入部員の挨拶が行われていた。主将の日向と監督のリコが注目するのは、本場アメリカ帰りの巨漢・火神大我と、中学の絶対王者・帝光中学出身の黒子テツヤの2人だ。

第2Q「本気です」

黒子と火神は互いの実力を認めあう。火神という光の影となり誠凛を日本一にすると言う黒子だが、「キセキの世代」の5人が強豪校へ進学したのに対し、昨年から新設された誠凛高校を選んだのには理由があった。

第3Q「勝てねェぐらいがちょうどいい」

誠凛と海常の練習試合が始まる。レギュラー陣の軽い調整と豪語し、エース黄瀬を温存する海常に誠凛の怒りが爆発。火神がダンクシュートによりゴールを破壊した。試合は序盤からノーガードの殴りあいの様相を呈する。

第4Q「逆襲よろしく!」

第2クォーターに入り徐々に点差を縮める誠凛。黒子と火神の新たな連携によって攻撃パターンの幅が広がり、高い身体能力を持つ天才・黄瀬でさえ、極限まで影の薄い黒子のプレイスタイルだけはコピーできない。

第5Q「おまえのバスケ」

誠凛と海常の練習試合は、火神の劇的なブザービーターで誠凛の勝利に終わった。歓喜に沸く誠凛を背に悔し涙を流す黄瀬の前に、「キセキの世代」ナンバーワンシューターで現在は秀徳高校の緑間真太郎が現れる。

第6Q「2つ言っておくぜ」

インターハイの予選が迫る。同地区での最大の敵は、昨年全国ベスト8にして「キセキの世代」緑間を擁する秀徳だ。決勝リーグ進出を果たすため、誠凛の部員たちはこれまで以上に激しい練習に臨む。

第7Q「すごいもん見れるわよ」

新協の身長2メートル選手・パパから子供扱いされた黒子はスティールを連発し、第1クォーターから大差をつけた。第2クォーターは気合十分のパパだが、彼を上回る気迫を見せた火神が圧倒し、誠凛は1回戦を突破する。

第8Q「改めて思いました」

インターハイ予選トーナメントを準決勝まで勝ち進んだ誠凛の相手は、緑間を擁する秀徳と並んで東京の王者と呼ばれる強豪・正邦高校。キャプテン・日向ほか2年生メンバーにとっては、昨年大敗を喫した因縁の相手だ。

第9Q「勝つために」

インターハイ予選トーナメント準決勝は、緑間を温存して余裕の戦いぶりを見せる秀徳の決勝進出が確定的だ。一方、王者・正邦に挑む誠凛は、火神のダンクと黒子のパスワークによって第1クォーターを同点で終了する。

第10Q「困ります」

準決勝の王者・正邦対誠凛は大詰めを迎え、再び黒子がコートに戻る。2年生の先輩としての意地と、黒子と火神の後輩としての先輩への敬意が相まって正邦を追い詰めるが、王者の正邦も一歩も引かない。

第11Q「そんなもんじゃねえだろ」

先取点を取られた誠凛だが、黒子のエンドラインからの回転式超長距離パスを火神が受けて取り返す。これにより、誠凛は緑間の超高弾道スリーポイントシュートを間接的に封じた。すると秀徳は違う作戦に出る。

第12Q「『勝利』ってなんですか」

緑間の勢いが止まらず、第2クォーター終了時で、誠凛は20点近い差をつけられてしまう。高尾にミスディレクションを封じられた黒子がベンチで見守るなか、日向たちは必死で集中力を保って秀徳に食らいつくが…。

第13Q「信じてました」

決勝戦も第4クォーターに突入し、満を持して登場した黒子だが、当然高尾がマークにつく。しかし黒子には、高尾に対する秘策があった。一方、火神は体力が尽きようとしており、跳ぶのはあと2回が限界だった。

第14Q「そっくりだね」

秀徳を制してインターハイ予選決勝リーグ進出を決めた誠凛。大一番に向けた特訓が続くなか、プールで練習中の黒子のもとに、決勝リーグの対戦相手・桐皇学園のマネージャーで自称「黒子の彼女」の桃井が現れる。

第15Q「笑わせんなよ」

決勝リーグを間近に控えても、桐皇学園のエース・青峰は練習をサボってマイペースを貫く。反発する部員に対し主将の今吉は、青峰の反則的な強さと、チームワークに頼らない桐皇のバスケスタイルを説いていさめる。

第16Q「やろーか」

青峰が会場に到着しないなか、桐皇と誠凛の試合が始まった。青峰がいなくても主将・今吉を中心に、各メンバーの個人技で全国レベルの強さを見せつける桐皇だが、誠凛もチームプレイで対抗する。

第17Q「ふざけた奴ばっかりだ」

第2クォーターの残り30秒。誠凛が10点差まで追いついた時、ついに青峰が到着した。アップがてら軽く1本決めると早々にスーパープレイを披露する青峰だが、黒子と火神も応戦して一歩も引かず会場のどよめきを誘う。

第18Q「嫌だ!!」

セオリーを無視した青峰のストリートスタイルのバスケに、誠凛は手も足も出ない。火神が必死に追いすがるも、青峰はその上を行く。これ以上点差を離されたら勝機がなくなる誠凛は、満を持して黒子を投入しした。

第19Q「新しい挑戦へ」

大差で桐皇に敗れ去った誠凛。続くリーグ戦2戦にも全力で挑むが、青峰に自分のバスケが通用しなかった黒子は精彩を欠き、足の負傷を悪化させた火神が欠場するなか連敗。誠凛のインターハイへの挑戦は幕を閉じた。

第20Q「なりたいじゃねーよ」

チームに合流した木吉はいきなり火神と1on1の勝負を挑んだり、格下相手の練習試合を黒子、火神ほか1年生メンバーのみで戦わせたりと、何かをたくらんでいるようだった。そして、木吉の真の狙いが明らかとなる。

第21Q「始めるわよ」

今よりもっと強くなって「キセキの世代」を倒そうと黒子と火神の思いは交わり、ウインターカップへ向けての新たな挑戦が始まる。リコの料理の腕前も火神の指導で何とか上達し、海辺での夏合宿がスタートした。

第22Q「死んでも勝つっスけど」

地獄の夏合宿で秀徳との合同練習に臨む誠凛。一方、1人だけ別メニューの火神は「キセキの世代」に対抗するため、得意の空中戦に磨きをかけることを目指すが、緑間との1on1での空中戦で完敗してしまう。

第23Q「大人じゃねーよ!」

海常対桐皇の試合は、共に「キセキの世代」の黄瀬と青峰の対決で幕を開けた。黄瀬の攻撃を青峰が抑え、流れに乗って先制する桐皇だが、海常もキャプテン・笠松を中心に反撃し、一進一退の攻防が続く。

第24Q「カン違いしてんじゃねーよ」

一度見たプレイは完璧にコピーできる黄瀬をもってしても、唯一無二のスタイルを誇る青峰のプレイはコピーできない。しかし、青峰に勝つため黄瀬、そして海常が選択したのは青峰のコピーに挑戦することだった。

第25Q「オレとおまえのバスケ」

インターハイ準々決勝。海常対桐皇はついに第4クォーターに突入し、青峰と黄瀬の一騎打ちは、共に一歩も引かないまま残り1分となる。攻める黄瀬、守る青峰。やがて、勝敗が決まる瞬間が訪れた。

『黒子のバスケ1期』の感想

20代女性
20代女性

【一世を風靡し、今でも根強いファンを持つバスケットボールアニメ!】主人公はタイトルの通り「黒子」なのですが、あまり自分のことは語ろうとすることがない、珍しいアニメだと感じました。基本的に主人公以外の登場人物が語っているので黒子自体の存在を忘れてしまうことが多いのですが、それがこのアニメの胆だと思います。黒子の中学生時代の部活メンバーが天才ばかりなので、良い意味で過去の友人たちが生意気でスポーツアニメを観ているはずが、バトル物を観ている気になってしまう面白さがあります。初期エンディングをヒャダインが担当しており、アニメーション背景と相まって爽やかな後味をだしており印象深いものです。人物よりも「テツヤ2号」が好きなファンも多いと個人的には信じております。

20代女性
20代女性

黒子のバスケといえば、もちろんバスケ物語なのですが、バスケ好きはもちろん、ストーリーが面白くワクワクするので、未経験の方やバスケ自体に興味がない人でも楽しめる作品だと思います。私が好きなキャラクターは、やっぱり主人公の黒子なのですが、影が薄いという一見マイナスに思える特徴を活かした、主人公ならではの才能を発揮するというとても面白いキャラクターです。ストーリーもこの影の薄い主人公がいつしか中心となってチームの結束を高めて大会などの成績を上に導くといったドキドキハラハラワクワクする魅力たっぷりの物語となってます。もともと中学で同じチームだった凄腕のメンバーが、高校で別々になり、その後元々一緒に戦って来たメンバー同士が別々のチームで競い合うという展開もオススメする一つです!是非一度はバスケに興味がない方でも見ていただきたい作品です。

30代女性
30代女性

存在感が薄すぎて普段から無視されることが多いという設定だけだと荒唐無稽過ぎる気がしないでもないですが、天性のものにプラスしてミスディレクションという実在するマジックの技術を取り入れることで説得力を補強している点に感心しました。実戦で使えるように研鑽を重ね自分なりのバスケを確立したという背景があるからこそ、身体能力に恵まれたライバル達との戦いにおいて基本スペックの面で劣る主人公・黒子が活躍すると心底から喜ばしく感じられます。また、創作物ならではの登場人物達のネーミングとカラーリングは、次は何色でどんなキャラクターなのかな?と視聴者に想像の余地を与えており、ささやかながらストーリーを盛り上げる一つの要素であると言えます。

20代女性
20代女性

バスケットボールの強豪校である帝光中学で「幻の六人目」として活躍した「黒子テツヤ」と大型新人「火神大我」が、進学先の誠凛高校で出会い、仲間たちとともに日本一を目指す物語です。スポーツ漫画らしく多くののライバルが登場するのですが、一人一人が個性的で曲者ぞろい。各キャラクターのプレイスタイルも様々で、漫画では伝わりにくい躍動感やスピード感がアニメではとてもリアルに感じられ、手に汗握る展開を楽しめます。見どころはもちろん試合場面だけではありません。普段の練習風景や学生らしい勉強の話題、そしてキャラクターたちの悩みや葛藤、信頼しあうことなどの心の成長にも注目です。はたして彼らは日本一になることができるのか、とにかく熱い試合とストーリーから目が離せません。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!